/flower essences フラワーエッセンス

 

 フラワーエッセンスはイギリスのお医者さん、エドワード・バッチ博士が100年程前に確立した波動療法です。
医師であった彼が、”同じ病気の人でも効く薬が違う”ことに疑問を持ち、植物の朝露を集めて、各々の患者さんに処方したのが始まりです。病気ではなくて、人にアプローチするセラピーです。

フラワーエッセンスとは

 フラワーエッセンスは、摘んだお花を水に浮かべてお陽様の光を頂いて作ります。お水に転写されたお花のエネルギーに保存液としてのブランディをたした物を直接飲んだり、

ボディに塗ったり、お風呂に入れたりして使います。

赤ちゃんからお年寄りまで老若男女お使い頂けます。

 

 フラワーエッセンスを確立したバッチ博士によると、

”病気とは、自分の魂との調和(unity)から離れる時に

おこり、真の病気とは傲慢さ、残酷さ、憎しみ、自己愛、

無知、不安定な心、強欲”
フラワーエッセンスを飲むことにより、潜在意識・細胞・

過去世を癒し、ボディ・マインド・スピリットに恩恵をもたらしてくれます。

 

 

 

フラワーエッセンスの効果

 フラワーエッセンスの恩恵は様々です。

私の場合は、フラワーエッセンスを摂るようなってから、

自然と感謝の気持ちが溢れてくるようになり、そのことに

より、人生がより輝きを増しました。

言葉で”ありがとう”ということは簡単ですが、心から感謝

するということは我欲が邪魔をして簡単ではありません。

 

~愛を受取ることを得意にしてくれたり

~いつも陥りがちなパターンから解放してくれたり
~幼少期や過去世を癒してくれたり
~ミッションをやり遂げるパワーをくれたり
~メッセージを受け取る助けをしてくれたり
人生の様々なシーンで私達を助けてくれる、優しくて

頼もしい存在です。

 

人類は植物から癒されてきた
 
~フラワーエッセンスは情報のマスター~

 私達人類は、共通点を見つけて何かを作る傾向が有るそうです。

でも、植物の好奇心はすごいです!

植物は、”わぁー珍しい!スゴイ!一緒に違うものを

作ろう!”と

他と違うことが大好きで、ひたすら種の保存のために自然

交配していきます。

私達人類は、恐怖との闘いなどと言われます。

私達の神経システムは後頭部にその恐怖を蓄積しています。

フラワーエッセンスは情報のマスターなので

この植物のエッセンスと人間の情報が統合することで

新しいパターンを可能にします。

 

 西洋ではハーブ、東洋では漢方薬をとってきたように、

私達人類は植物によって癒され助けられてきました。

現代医療では、薬を大量生産するために植物抽出物を化学

反応させていますが、植物のエネルギーを直接頂くのが

フラワーエッセンスです。

原生している無農薬の植物から出来ているので、お子さんにも受けて頂ける安心なセラピーです。

パワー・オブ・フラワー

 私のフラワーエッセンスの先生は、アメリカオレゴン州

在住のイーシャ・ラーナー先生です。ご自身も3人のお嬢さんを育てられた母性溢れる優しい方です。

 フラワーエッセンスは波動療法ですので、そのエネルギーをとても大切にしています。

誰がフラワーエッセンスを作り、皆さまのお手元に届くまでに、どれだけ愛情を注がれて来たか、がとても大切です。

残念なことに、一部流通している大量生産型のフラワーエッセンスの効果が疑問視されているのも事実です。

 

 イーシャ先生は、野山から許可を得て採取した野生の

パワフルな花々で心をこめてフラワーエッセンスをお作り

しています。

時には採取の許可に7年も要した花も有ります。

私がセッションで主に使わせて頂いておりますのが、

イーシャ先生の”Power of Flowers パワー・オブ・フラワー”です。

じんわりと優しくアプローチして、癒してくれる、

そんな優しいエネルギーをお伝えさせて頂きたいと思っております。

© 2014 by miesha-hanayomi. Proudly created with

  • Facebook App Icon
  • Edited Image 2014-5-17-7:34:19